c4f5c769.jpg
  40125743.jpg
  4a512c3f.jpg


真面目に関西の地を踏むのは2009年夏以来ですので、えーと...約3年ぶりに
なります。
学生時代とか考えなければ、ここに来たのは2007年が初めてであり、その時は
私はまだ23歳と若い年齢でしたが、あれから早くも5年が経つのかぁ...と思うと
結構人生って、長いようで短い気がします。

さて、今回は変わったテーマに挑みたいと思います。
簡単に言ってしまえば航空機と新幹線どっちが早く目的地に到着するのか?
まるで鉄○ダッシュみたいな企画ですが、現実にやってみます。

(共通ルートシナリオ)
午前06時00分に博多駅から出発する山陽・東海道新幹線のぞみ2号東京行きを
博多駅から出発を見送り、私は見送ったあと福岡空港に向かう。
福岡空港からJALの提携会社である「J-AIR」が運行するエンブラエル170で07時05分に
福岡空港を離陸、08時10分に大阪国際空港(一般名「伊丹空港」)へ着陸する。

伊丹空港着陸後、車か何かで高速道路を駆使し京都駅まで向かい、どちらが先に
京都駅新幹線ホームに到着するかを競います。


(以下新幹線ルートシナリオ)
この2年間の平均遅延時間8秒、定刻到着率98.89%と世界一正確な公共交通機関。
ただし、何処かの区間でトラブルが起きれば遅延は確実。
使用機材はN700系、普通席1,132席・グリーン席200席の合計1,323席。
全日空のBoeing747-400D二機分よりも座席数は多いそうです。

山陽新幹線区間(博多⇔新大阪)の最高速度は300km/h、東海道新幹線区間は
285km/hと推測される。
航空機より65分早く出発し、終始安定したペースが期待される。
定刻通りの運行なら08時51分に新幹線ホームに到着するであると思われる。
終点の東京駅には11時13分に到着する予定。


(以下航空機ルートシナリオ)
今回搭乗するJL2050便は、07時05分出発予定なので新幹線より65分のビハインド。
ただし新幹線は300km/hが末端速度に対し、今回搭乗する航空機はEMBRAER170
最高速度は850Km/hに加え強いジェット気流が約200km/hで吹いているので
推定ながら対地最高速度は950km/hになると予想しています。
定員数は76名なので、乗り降りの時間はかなり短縮されると予想。

定時到着予定時刻は08時10分ですが、この一ヶ月の平均到着時間は08時03分なので
そこから46分で京都駅に辿りつければ、勝てる可能性もあり。
07時59分に着陸した記録もあるので、早いほどこっちも有利になると踏んでたりする。
伊丹空港着陸後は、車か何かで京都駅まで高速道路を使い新幹線よりも早く到着しなく
てはならない。
(以上シナリオ)


いずれにせよ、ぶつけ本番。もちろんこっちは道路交通法を遵守し、安全運転で
向かうので、きっといい勝負になるでしょう。
こちらのパートナーは会うのは2007年11月以来なのでもう5年もあってませんが
今回のこの企画に謎の理由で協力してくれました。

27歳にして何をしてるんだか...と、自分が一番思ってるのでそのあたりは
ご愛嬌でヽ('ー'*)さて、どっちが早いかな?

※当初はANAの始発を予約していたのですが、のちの調査でプロペラ機と判明
したためキャンセルしました。プロペラ機って楽しいの?という訳で
信頼の高い日本航空を今回は選択しました。さてこれは吉と出るか?凶と出るか?

※写真(一枚目) 着陸地伊丹空港周辺
2011年12月26日 #34「ひむろジェット」
NH694便 山口宇部→東京羽田
ボーイング767-381型機から大阪市内撮影。
全日本空輸運行


※写真(二枚目) 使用機材エンブラエル170
2011年12月28日 #34「ひむろジェット」
JL1649便 東京羽田→山口宇部
エンブラエル170型機
羽田空港タラップ搭乗前に撮影
J-AIR運行
2012年02月17日現在、山口宇部空港にもJ-AIRが運行する。このエンブラエル170は
就航していますが、2012年03月25日から来なくなってしまいます。少し寂しいかな?
低い搭乗率なのに73H三往復とM90の一往復体制に変えてきた関係で、あと一ヶ月少し
機内はすごく快適だったんだけどなぁーという訳で、暫くの間搭乗することはないかも?

※写真(三枚目) 航空機チーム(eチケット控え)
         新幹線チーム(乗車券・新幹線特急券・グリーン券)