こんにちは、むしろこんばんは?もしかしたらおはようございます?意外とおやすみなさい?極稀におはようございます?、というわけでお久しぶりの更新になります。毎週のように書きたいことはありましたが正直なところ、うまく表現できないでいたもので更新が滞っていた状態になります。

 さて、前回のがんばろうPSO2の記事を上げた時、私はホノルルにいました。まぁDDoSの攻防は結構長引くと覚悟はしていましたが、実際のところ8日目にして抑えこむことに成功したみたいです。・・・もっとも復旧直後から次のメンテの間まで、ブロック移動だけで630でログアウトされまくりまともにプレイ出来たかというとかなり疑問点は残ります。
 しかし、お詫びという形で頂いたアイテムは正直こんなに頂いていいのかと思う反面、人間ですのでそんなことを言いつつちゃっかり受け取ったあたり私も普通の人間なんだなって思った次第です。

 さて最後の更新がそこなので実質50日間の空白があります。えーと思い出せる範囲だと...まず採掘基地防衛戦の第三弾「絶望」が実装されましたか、それと惨敗しましたが第一回シップ対抗戦。さらに...闇のいざないもあったか、私の所属してるチームも2人ほど新規で加入された人がいました。それと...色々ありすぎたな.。oOこの辺りは追々、振り返る形で書いていきましょう。

 さて、まる二ヶ月を費やし全国5都市で行われたファンタシー感謝祭も昨日の有明コロシアムでの決勝大会をもって無事終了しました。特に大きな衝撃があったのは札幌大会の時ですね。Episode3(以下Ep.3)の詳細と今後のクラスごとのバランス調整が発表されかなり・・・かなり大きなそして深いところまで踏み込んでの発表となりました。
 ただコレをよく見るとEp.2までに散々壊されたこの世界バランスを一度壊して再構築するという印象が強く平均化する上では負うべき痛みもかなりあると感じました。Raも例外ではないですが全てはシュンカシュンランが原点(元凶ともいうべきか?)でそこから歪んだ世界を元に戻す。実際、Ep.3にならないとわかりませんが、今のところ不安もあれば楽しみもあります。27日以降どうなるか、今不安に思っても仕方ないですし。この辺りの点も近いうちに1つずつ私なりの考えを記述させていただきます。

 まぁ色々ありました、ブログというものの魔力といいますか、ブログはあくまでも残すものであり、過去のことを残すものだと私は思っています。現在進行形のイベントなどもいいでしょう。ただ・・・コレを読んで、もしかしてコレって私のことなんだろうかとか不安にさせてしまうものは少し苦手だったりします。まぁ逆に直球で名指しで書かれていてもそれなりに凹みはしますが、できればこの辺りは自分でその人と話すなりして直に解決するというのもひとつの手だと思っています。
 昔してたゲーム、もう私には過去のことですがブログで応酬合戦した結果。最後はなにも残らなかったという苦い記憶があります。本当にあの6年は何だったんだろうかと最近、思うようになりました。
 どのゲームでもそうですが、NPC以外すべてのキャラの中には中の人がいて、コミュニケーションの上に成り立ってます。私がこういう風にキレイ事を言えたものではないとも重々承知しています。
 今一度、無理して隠さなくてもいいのです。その人と直接お話してみませんか?
 誰かに宛てたメッセージではありません。うちがそうなりそうだったから書き残しただけ。それだけのこと。

 暑中見舞い申し上げます。もう残暑見舞いだったっけ・・・

暑中見舞い